4年後なのに異例の早さ 東京五輪エンブレムの公式グッズ発売

[ 2016年6月23日 05:30 ]

2020年東京五輪・パラリンピックの新たな大会エンブレム「組市松紋」を使ったTシャツ、ポロシャツ、タオルなどの公式オリジナル商品

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、新たな大会エンブレム「組市松紋」を使ったTシャツ(2500円)、ポロシャツ(3000円)、ハンドタオル(800円=すべて税別)などの公式オリジナル商品の国内販売を23日に開始すると発表した。

 組織委によると、開催の4年以上前に売り出すのは異例の早さ。都内で行われた会見には、エンブレムをデザインした野老(ところ)朝雄さんがポロシャツを着て登場し「感無量。将来、アスリートを志す小さい子などに着てもらえたらいいかなと思う」と感慨を込めた。商品は全国のスポーツ用品量販店など83店舗で購入可能で、きょう23日午前10時に公式オンラインショップもオープンする。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2016年6月23日のニュース