若林 “適当”で単独トップ!3年ぶりVへ「いい雰囲気」

[ 2015年10月11日 05:30 ]

18番、ロングパットを沈めバーディーを奪いガッツポーズする若林舞衣子

女子ゴルフツアー スタンレー・レディース第2日

(10月10日 静岡県裾野市 東名カントリークラブ=6583ヤード、パー72)
 最終18番で10メートルのロングパットを沈めて単独トップに立った若林は「暗くなってよく見えないので適当に打ちました」と苦笑い。

 今季はシード権を失い予選会からの出場。復活を期し4月には新潟から大阪に移り、今大会前には長い髪をばっさり切った。2週前のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでは同じ岡本綾子門下の表が優勝しており「いい雰囲気でプレーできている」と3年ぶりの3勝目に挑む。

 ▼2位 イ・ボミ 後半は暗くなって距離感が合わなかった。記録の更新が懸かっているので、楽しさを感じてプレーしたい。(優勝すれば年間獲得賞金記録を更新)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月11日のニュース