世界最終予選の代表5人決定!1位突破の乾“小尻宣言”

[ 2015年10月11日 05:30 ]

 シンクロナイズドスイミングのリオデジャネイロ五輪世界最終予選の日本代表2次選考会が都内で行われ、エースの乾友紀子(24=井村シンクロク)ら上位5人が代表に決定。残り5人は来月の最終選考会で決める。

 1位突破した乾は「世界と比べ、高さ、強さが足りない」と自己採点し「脂肪を減らして、お尻を小さく変えていかないと」と小尻宣言した。

 井村監督の意向で、今選考から「合宿内得点」を採用。コーチ3人が目を光らせ15項目を3段階に分けて点数を付けた。参加した18人のうち代表に決まった5人を除く10人が最終選考会に進出した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月11日のニュース