高梨沙羅 新1年生149人にランドセル寄贈

[ 2014年3月26日 11:46 ]

 ノルディックスキーワールドカップ(W杯)ジャンプ女子で個人総合2連覇を決めた高梨沙羅選手(17)が26日、大阪府庁を訪れ、4月に小学校へ入学する母子家庭の子ども149人に、ランドセルを寄贈した。3人の子どもが代表して「ランドセル、ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

 松井一郎知事が「(私を)背負って飛んでもらいたい」と冗談を言うと、高梨選手は「最初は怖かったが、飛んでみるとやみつきになる」と、知事を誘った。

 高梨選手が所属契約を結ぶクラレなどによると、2013~14年シーズンの大会で獲得した賞金の一部を社会貢献に役立てたいと希望。ランドセル寄贈は今回が初めて。府は感謝状を贈呈した。

 クラレが製造する人工皮革がランドセルに使われていることや、同社創業者が大正時代に、幼稚園や学校などを大阪市内に設置した経緯から、府内の新1年生への寄贈を決めたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月26日のニュース