羽生好調キープ 4回転ジャンプ2種類成功

[ 2014年3月26日 05:30 ]

羽生は五輪から引き続き好調のためか、転んでも笑顔

フィギュアスケート世界選手権

 26日の男子SPの滑走順抽選が25日に行われ、ソチ五輪を制した羽生結弦(ゆづる、19=ANA)は最終第6組3番目、全体では32選手中29番目に滑ることが決まった。

 この日午前の公式練習ではフリー「ロミオとジュリエット」に合わせて、サルコーとトーループの4回転ジャンプを決めるなど、初の世界選手権制覇へ好調モード。夜の練習には姿を見せなかったが、アレクサンデル・マヨロフ(22=スウェーデン)が羽生のSP「パリの散歩道」の振り付けをまねて滑り、場内が拍手と笑いに包まれるシーンがあった。五輪5位で世界選手権初出場の町田樹(たつき、24=関大)は第5組6番目の全体26番目、小塚崇彦(25=トヨタ自動車)は町田の1つ前、全体25番目に演技する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月26日のニュース