葛西 右膝手術回避希望「半年はジャンプできないと聞いたので…」

[ 2014年3月26日 05:30 ]

待ち受けたファンからの花束を受け取る葛西

ジャンプW杯代表帰国

 葛西が手術回避を希望した。ソチ五輪後の2月26日のW杯で右膝を負傷。ヘルシンキの病院で前十字じん帯損傷と診断されたが、「時間を見つけて検査します」と再検査する方針を明らかにした。

 今季は悲願の五輪個人メダルを獲得し、W杯でも1勝を含む総合5位と大活躍。手術をした場合には長期離脱は避けられないとあって、大きな決断を迫られることになる。「(手術は)頭の片隅にはある。でも手術すると半年は(ジャンプを)できないと聞いたので、できればしたくないですね」と慎重な姿勢。今後は29日のプロ野球・日本ハムの始球式などイベント続きで、「3桁くらいあると聞いている。(北海道に)帰るのが怖いな」と苦笑いしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月26日のニュース