鶴竜にモンゴルから勲章プラン浮上 元旭鷲山動き出す

[ 2014年3月26日 05:30 ]

鶴竜は麻もみの様子を笑顔で見つめる

 日本相撲協会は26日に夏場所の番付編成会議と理事会を開き、大関・鶴竜(28=井筒部屋)の第71代横綱昇進を正式に決め、大阪市内で伝達式を行う。母国モンゴルでは勲章授与プランが浮上。雲龍型の土俵入りでは第65代横綱・貴乃花親方(本紙評論家)に指導を仰ぐことが既に決まり、第55代横綱・北の湖理事長から借りる三つぞろいの化粧まわしも大阪に到着するなど昇進の準備が整った。

 横綱への助走路が整備された。鶴竜はこの日、大阪市内で「麻もみ」と呼ばれる綱を作る準備作業を見守った。時津風一門の幕下以下が作業で米ヌカだらけになる姿に、「凄いですね、本当に。こういうのを見ると、だんだん実感が湧いてくる。ありがたい」とまずは一門の結束に感謝した。

 横綱への道のりを、大先輩たちも後押しする。鶴竜が身につけなければならない一門の伝統、雲龍型の土俵入り。その指導を一門外である貴乃花親方から受けるニュースに感激を隠さなかった。

 「ありがとうございます。大横綱に教えてもらってうれしいです。入ったころに、そういう(土俵入りの)姿を見ているので、うれしいです」

 2度、「うれしい」という言葉を使い、最大限の感謝を表現した。

 また、土俵入りで北の湖理事長から借りる三つぞろいの化粧まわしもこの日、大阪市内の春場所宿舎に到着した。「使わせてもらっていいのかな」と、また感激。この2人の合計優勝回数は46回にもなり、鶴竜が尻込みするのも無理はない。

 さらにこの日、モンゴルの大先輩も負けじと動きだした。同国出身初の力士、元小結・旭鷲山のダワーギーン・バトバヤル氏(41)だ。現在、モンゴル政府の要職にある同氏は26日、アルタンホヤグ首相と面談の予定。「鶴竜の話題になれば、モンゴルから新たな勲章という案も出るだろう」と、鶴竜にとって11年の北極星勲章を上回る叙勲の可能性に言及した。

 伝達式での口上は、あえてシンプルなものにすると、あらためて明言。鶴竜は「ほぼ決まった。練習します」と話した。豪華バックアップを受けても、自然体のまま横綱人生のスタートを切る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月26日のニュース