遼「マスターズ出たい」 強行連戦で逆転ミラクル切符だ

[ 2014年3月21日 05:30 ]

アーノルド・パーマー招待のプロアマ戦でラフからショットを放つ石川

 27日開幕の米男子ツアー、バレロ・テキサス・オープンの出場が決まった石川遼(22=CASIO)が「今回のマスターズに自分も出たい」と逆転でのマスターズ(4月10日開幕、米ジョージア州)出場に意欲を示した。

 石川は20日開幕のアーノルド・パーマー招待(米フロリダ州)から4月3日開幕のシェル・ヒューストン・オープン(米テキサス州)まで3戦連戦で出場。優勝するか、31日発表の世界ランクで50位以内に入れば6年連続の出場が決まる。世界ランクでマスターズに滑り込むには今大会で3位に入ったとしても、次週は2位が条件とハードルは高いが、「2週間のスパンで考えたい。いいプレーをして、ワールドランキングのポイントを重ねたい」と語った。

 19日のプロアマ戦はショットが乱れたが、練習場で修正。「(マスターズ)出場のチャンスのある唯一の日本人として頑張らなきゃ」と奇跡の逆転出場を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月21日のニュース