雪なしの街に降る歓喜 スノボ平岡 奈良県御所市でパレード

[ 2014年3月21日 17:18 ]

地元での凱旋パレードで手を振る、ソチ五輪スノーボードHP銅メダリストの平岡卓選手=21日午後、奈良県御所市

 ソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプ(HP)で銅メダルを獲得した平岡卓選手(18)が21日、地元の奈良県御所市で凱旋パレードを行った。雪の積もらない小さな街が生んだ冬のメダリストを、駆けつけた約6千人の市民らが祝福した。

 平岡選手は父賢治さん(55)、弟岳さん(16)とともにオープンカーに乗り、市内をパレードした。普段はおとなしい平岡選手だが、この日は首にさげたメダルを手に持ち、沿道の歓声に満面の笑みで応えた。

 パレード後は御所中学校で「自分の通っていた中学で(メダルの)報告ができてうれしい」とあいさつ。小学生から「メダルを獲得した時に最初に思い浮かんだ人は?」と聞かれ、「あんまり覚えていない」と笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月21日のニュース