遠藤「泥くさく我慢の相撲」で五分に 勝ち越しあと2勝

[ 2014年3月21日 05:30 ]

松鳳山(奥)を破った遠藤

大相撲春場所12日目

(3月20日 ボディメーカーコロシアム)
 遠藤は小結・松鳳山に粘り勝ち、星を五分に戻した。互いに左を差し、松鳳山の上手投げで大きく体勢を崩しながらこらえた。再度、上手投げから寄られても耐え、前まわしを取って逆襲して寄り切った。

 「泥くさく我慢して相撲を取ったのが良かった」と疲れ切った表情で話した。それでも「まだ場所は終わっていない。あした頑張るだけ」と史上最速の三役昇進につながる勝ち越しへ向け気合を入れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月21日のニュース