藍 相性の良いコースだったのに…パー5でバーディーを取れず

[ 2014年3月21日 14:13 ]

JTBCファウンダーズ・カップ

(3月20日 アリゾナ州フェニックス ワイルドファイアGC(パー72))
 昨年まで2年連続で2位と宮里藍にとって相性の良いコースだが、第1日はパー5でバーディーを取れず「それがスコアを伸ばせなかった要因」と振り返った。

 スタート3ホール目の12番で7メートル、13番で3メートルのパットを沈めて伸ばした。折り返した1番では5メートルのバーディーパットを沈めてガッツポーズ。しかし2番(パー5)では6メートルを外し「あそこでバーディーを取っていたら」と、流れに乗り損ねて悔やんだ。新しいキャディーと組んで4戦目。「微調整がまだ必要。パー5の攻め方もその一つ」と課題を掲げた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月21日のニュース