西山 パター変更が奏功、首位発進「攻めるところは攻める」

[ 2014年3月21日 19:27 ]

Tポイント女子第1日、笑顔でホールアウトする、5アンダーで首位の西山ゆかり

Tポイント・レディース第1日

(3月21日 佐賀県若木GC=6304ヤード、パー72)
 31歳の西山は、パターの変更を首位発進の要因の一つに挙げた。後ろに角が生えたようなパターから、シンプルなピン型に替えて臨み、6バーディー(1ボギー)。「構えやすいので、打ち出しやすい」と手応えを口にした。

 昨季は下部のステップアップツアーで2勝を挙げ「ステップアップでの優勝も自信になっている」という。残り2日へ「同じように、攻めるところは攻めていきたい」と意気込んだ。

 ▼ナ・ダエ(3位)「前日からショットが良くなかった。ピンを直接狙わず、パーを取りやすいところを狙っていったのが良かった」

 ▼福嶋浩子(4位。姉の晃子に前週の練習ラウンドでアドバイスを受け)「ドライバーのティーが低すぎる、と言われたので高くしてみた」

 ▼一ノ瀬優希(イーブンパーで13位)「あしたは60台で回りたい。攻めのゴルフをしたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月21日のニュース