ニックス ジャクソン社長“初陣”に2万人大喝采

[ 2014年3月21日 05:30 ]

ニックスのファンに拍手で迎えられたジャクソン新社長

 NBAニックスの球団社長に就任したブルズとレイカーズの元監督、フィル・ジャクソン氏(68)が19日、ニューヨークで行われたペイサーズ戦を観戦。2万人の地元ファンは“新社長”をスタンディングオベーションで迎えた。ニ軍は4連勝中だった東地区首位のペ軍を92―86で撃破。7連敗のあと7連勝を飾ってプレーオフ進出に望みをつないだ。リーグ全体首位のスパーズは11連勝。ヒートのレブロン・ジェームズ(29)は腰痛を訴えてセルティクス戦を欠場した。

 ≪プレーオフ進出へ追い風≫21得点を挙げたニックスのスタウドマイアは「彼のそばにいれば勝てる雰囲気が漂ってくる」と新社長を歓迎。ニックスの選手として2回、ブルズとレイカーズの監督として11回のファイナル制覇を経験した優勝請負人に大きな期待を寄せた。6連勝までは全てプレーオフ圏外のチーム相手だったが、この日は東地区首位のペイサーズを撃破。8位のホークスにはまだ4ゲーム差があるものの、34得点を挙げたアンソニーは「この勢いを維持していきたい」と“ジャクソン効果”によるプレーオフ進出に意欲を示していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年3月21日のニュース