銃撃事件の犠牲者を追悼 NBA試合前に黙とう

[ 2012年12月16日 06:00 ]

 NBAの西地区ノースウエストリーグ最高勝率を誇るサンダーはキングスを113―103で下して10連勝。第4Q中盤で24点のリードを奪いながら一時5点差まで詰め寄られたが、31得点を挙げたケビン・デュラント(24)らの活躍で逃げ切った。レイカーズは30得点をマークしたコービー・ブライアント(34)の奮闘でウィザーズを6点差で退け、連敗を4で阻止。4連勝を飾ったバックスはブルズと並んで東地区セントラルの首位に立った。なおこの日はコネティカット州の小学校で発生した銃撃事件の犠牲者を追悼するために、各アリーナで試合前に黙とうがささげられた。

 銃撃事件について感想を求められたセルティクスのリバース監督は「こんなことが起こると試合のことを考えるのが難しい」と沈痛な面持ち。キャバリアーズのスコット監督も「子供たちがこんなことで生きていけないなんて許せない」と怒りをぶつけた。3季連続の得点王、サンダーのデュラントは、シューズに事件が起きた町(Newtown)の名を書き込んでキングス戦に出場。試合のなかったヒートのジェームズはツイッターに「自分にも2人の子供がいるのでつらい。心を整理できない」と投稿していた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年12月16日のニュース