福士、渋井 大阪国際に出場表明 野口も参戦へ

[ 2012年12月16日 19:56 ]

 陸上長距離の第一人者、福士加代子(ワコール)とマラソン前日本記録保持者の渋井陽子(三井住友海上)は16日、来年の世界選手権(モスクワ)代表選考会を兼ねた来年1月の大阪国際女子マラソン出場を表明した。関係者によると2004年アテネ五輪女王の野口みずき(シスメックス)も参加を予定しており、実績ある3選手が対戦することになる。

 大阪では2度、失敗レースを経験している福士は「三度目の正直に挑戦する」と話した。渋井は「2時間22分は狙える。3人でモスクワ行きの切符を独占し、日本のマラソンを盛り上げたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年12月16日のニュース