シンクロ日本代表が練習公開 「摩訶不思議」のFR披露 

[ 2012年1月14日 20:06 ]

新たなフリー・ルーティンを披露したシンクロナイズドスイミングの日本代表

 シンクロナイズドスイミングのロンドン五輪世界最終予選(4月・ロンドン)に臨む日本代表が14日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で練習を公開し「摩訶不思議ワールド」をテーマにしたチームの新たなフリー・ルーティン(FR)を披露した。

 五輪出場枠を獲得できなかった昨年7月の世界選手権後に新たにつくり直したFRは五つの曲をつなぎ、神秘的な世界観を表現する。主将の小林千紗(井村シンクロク)は「五輪には強い思いがある。執念を持って戦う」と決意を口にした。

 日本水連は昨年11月に指導方針の食い違いからロシア人コーチとの契約を解除したが、本間三和子シンクロ委員長は「遅れは取り戻した」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年1月14日のニュース