佐久間山 連勝「24」に…歴代トップまであと2勝

[ 2012年1月14日 06:00 ]

<大相撲初場所6日目>亡くなった父・幸一さんの写真を手にする佐久間山

大相撲初場所6日目

(1月13日 両国国技館)
 日大出身の元学生横綱で、東幕下15枚目の佐久間山(23=北の湖)が貴ノ岩を寄り切って3戦全勝とし、序ノ口デビューからの連勝を「24」に伸ばした。

 板井が持つ歴代1位の26連勝まではあと2勝だが「記録のことを周りから言われるけど意識すると硬くなる。稽古の感覚で土俵に上がってます」と話した。今場所7連勝すれば史上最短となる所要5場所での十両昇進となるだけに、残り4番に全力投球の構えだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年1月14日のニュース