マジックのハワード FT試投数50年ぶり更新

[ 2012年1月14日 06:00 ]

 マジックのセンター、ドワイト・ハワード(26)がウォリアーズ戦で45得点23リバウンドをマークして117-109の勝利に貢献。フリースロー試投数(39)は、1962年2月22日にウィルト・チェンバレン(フィラデルフィア・ウォリアーズ)がセントルイス・ホークス戦でマークしたNBA記録(34)を50年ぶりに更新した。

 もっとも、これはウ軍マーク・ジャクソン監督(46)が仕掛けた意図的な反則作戦によるもの。ハワードはフリースローが苦手で成功率は通算59・5%。今季は42・6%にまで低下し、この日も39本中18本を外した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年1月14日のニュース