琴欧洲初黒星…白鵬、把瑠都7連勝、稀勢の里は1敗守る

[ 2012年1月14日 19:04 ]

白鵬が寄り切りで北太樹を下す

 大相撲初場所7日目は14日、東京・両国国技館で行われ、大関琴欧洲が豊真将に押し出されて初黒星を喫し、初日から勝ちっ放しは横綱白鵬と大関把瑠都だけになった。3連覇を目指す白鵬は北太樹を一気に寄り切り、初優勝を狙う把瑠都も関脇鶴竜を寄り切った。

 他の大関は稀勢の里が小結若荒雄を突き落として1敗を守った。日馬富士は豪栄道の下手投げに屈し2敗目。琴奨菊は高安を押し出して4勝目を挙げた。

 白鵬と把瑠都を、琴欧洲と稀勢の里が1敗で追う展開。2敗は日馬富士、鶴竜ら8人。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年1月14日のニュース