浅田真央 魅せた連続3回転「祈りと希望を伝えたい」

[ 2012年1月14日 18:05 ]

「スターズ・オン・アイス」で演技する浅田真央

 フィギュアスケートの世界選手権(3月・フランス)女子代表の浅田真央(中京大)が14日、東京・国立代々木競技場でのアイスショー「スターズ・オン・アイス」に出演し、高難度の3回転フリップ―3回転ループの2連続ジャンプを披露して大きな拍手を浴びた。

 浅田は大トリでホルストの曲「木星」に乗って滑り「祈りと希望がテーマ。今の気持ちをお客さんに伝えようと滑った」とコメント。世界選手権の目標にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の成功を掲げた。

 ともに男子代表で高橋大輔(関大大学院)はタンゴを情熱的に熱演し、小塚崇彦(トヨタ自動車)は軽やかな踊りで盛り上げた。今季休養中の安藤美姫(トヨタ自動車)も出演した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年1月14日のニュース