さすがエース!鶴見“貫禄の演技”でチーム牽引

[ 2011年10月9日 06:00 ]

跳馬の練習で負傷した飯塚は涙顔も…五輪出場を決め喜ぶ(左から)美濃部、田中、飯塚、鶴見、寺本、新竹
Photo By スポニチ

体操世界選手権第2日

(10月8日 東京体育館)
 エース鶴見は段違い平行棒で種目別3位となる14・933点をマークする貫禄の演技でチームを牽引。「通し練習を多くこなした日本の、失敗しない強みが生かせたと思う」と胸を張った。

 個人総合でも9位で決勝進出を決めたが、まずは団体戦に集中する。「(5位だった)去年は(メダルを)獲りたいなと思って狙った演技ができたし、今回も思い切っていけたら」と力強かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年10月9日のニュース