A・マリー快勝!2週連続戴冠へ ナダルと激突

[ 2011年10月9日 06:00 ]

楽天ジャパン・オープン第6日

(10月8日 東京・有明テニスの森公園)
 9日のシングルス決勝は2連覇を狙うラファエル・ナダル(スペイン)と初優勝を目指すアンディ・マリー(英国)の顔合わせに決まった。同準決勝で第1シードのナダルは第4シードのマーディ・フィッシュ(米国)を7―5、6―1で下した。第2シードのA・マリーは第3シードのダビド・フェレール(スペイン)に6―2、6―3で快勝した。

 試合時間はわずか1時間21分。A・マリーは「心地良くプレーができた」と誇らしそうだった。今年の全豪オープン準決勝でもフェレールを退けて準優勝し、今季の4大大会は全て4強入り。その実力通り、バウンドが低くて速いショットで圧倒した。マッチポイントも長い右腕を伸ばし、鮮やかなリターンエースを決めた。決勝の相手は第1シードのナダル。「これまでも素晴らしい試合をしてきたが、ぜひ勝ちたい」と、2週連続のツアー優勝へ意欲をのぞかせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年10月9日のニュース