ベアード首位、ウッズ38位、今田は予選落ち

[ 2011年10月9日 10:15 ]

 米男子ゴルフのフライズコム・オープンは8日、米カリフォルニア州サンマルティンのコルデバレーGC(パー71)で日没で持ち越しになった第2ラウンドの残りと第3ラウンドを行い、第3ラウンドで64をマークしたブライニー・ベアード(米国)が通算13アンダーの200で首位に立った。

 タイガー・ウッズ(米国)は第3ラウンドを68で回り、通算4アンダーで38位。通算3オーバーで第2ラウンドを終えていた今田竜二は予選落ちした。(AP=共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年10月9日のニュース