歌がうまかった双葉山…元運転手が思い出話

[ 2011年1月14日 06:00 ]

 双葉山の運転手だった中村安章さん(82)が国技館を訪れ、館内ラジオ放送「どすこいFM」に初出演。双葉山が引退後に理事長に就任した57年から11年にわたって、出勤の送り迎えを行った中村さんは「とにかく無駄口のない人。しかし歌はうまくて特に黒田節が得意だった」と思い出話を披露。

 放送後には「白鵬関に1度お会いして双葉山さんのことをお話ししたいですね」と対面を熱望していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年1月14日のニュース