14年ソチF1 五輪に影響なら翌年開催も

[ 2011年1月14日 06:00 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)のフェリ五輪統括部長は12日、2014年からロシアのソチで開催予定の自動車のF1グランプリについて、同年2月のソチ冬季五輪の準備に影響が出ると判断した場合、IOCがF1開催を15年に遅らせることができると明らかにした。

 F1開催の条項に盛り込まれているといい、同部長は「五輪施設の建設や準備をリスクにさらしたくない」と述べた。五輪関連の建設工事は順調で、既に4割が完成し、今年中に7割が出来上がる見込みという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年1月14日のニュース