全勝は白鵬と栃乃洋に 関脇対決は琴奨菊に軍配

[ 2011年1月14日 18:48 ]

阿覧(右)を攻め、全勝を守った白鵬

 大相撲初場所6日目は14日、両国国技館で行われ、横綱白鵬は阿覧を落ち着いて寄り切り、初日から6連勝とした。平幕の若の里に初黒星がついたため、全勝は白鵬と、平幕の栃乃洋の2人となった。

 大関陣はかど番の日馬富士が玉鷲に押し倒され、2連敗で4勝2敗。把瑠都は小結栃煌山を小手投げで下し、琴欧洲とともに5勝目を挙げたが、魁皇は豊真将のすくい投げに屈し、2敗目を喫した。栃煌山は4敗目。

 1敗同士の関脇対決は琴奨菊が稀勢の里を寄り切った。全勝の2人を1敗で把瑠都、琴欧洲、琴奨菊、若の里の4人が追う展開になった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年1月14日のニュース