ハンマー投げ・室伏、世界陸上へ順調アピール

[ 2011年1月14日 06:00 ]

 04年アテネ五輪の陸上ハンマー投げ金メダリスト室伏広治(36=ミズノ)が13日、都内で練習を公開した。

 今年は2日から始動しており、この日も70メートル以上の投てきを6投するなど順調さをアピール。09年以降は筋肉の正しい使い方を重視する機能トレーニングにこだわっているというベテランは「12年ロンドン五輪に向け、今年の世界選手権(8月27日開幕、韓国)はテストになる。まずはピークを合わせたい」と、前回欠場した大舞台に照準を合わせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年1月14日のニュース