遼、クロカントレ…豪雪の中17・5キロ激走

[ 2011年1月14日 06:00 ]

大雪の中、クロスカントリーを行う石川遼 

 新潟県湯沢町でのスキー合宿2日目を迎えた石川遼(19=パナソニック)は13日、特別講師を招いてクロスカントリーを行い、午後にはフットサルで汗を流した。

 この日は09年インターハイ15キロフリーで優勝した桜井剛さん(19)に先導してもらい17・5キロを滑った。「平らなところで桜井さんは片足に2秒ずつ乗れる。僕はまだマックスで1秒」と一流の滑りとの違いを痛感。スキー同様に、左足寄りにボールを置く新スイングでは、バックスイングで右足に体重を乗せ切れないという課題を抱えている。スイングにおける「永遠のテーマ」という体重移動。クロカンで“2秒の壁”を打ち破れば、答えも見つかるかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年1月14日のニュース