高橋連覇へ「がむしゃらに勝ち取る」

[ 2011年1月12日 18:36 ]

壮行会に出席し、笑顔でガッツポーズするフィギュアスケートの高橋大輔(右)と織田信成

 フィギュアスケートの世界選手権(3月・国立代々木競技場)に出場する高橋大輔(関大大学院)と織田信成(関大)が12日、大阪府吹田市の関大で壮行会に出席し、2連覇を目指す高橋は「がむしゃらに優勝を勝ち取りたい」と宣言した。

 高橋は「スピンで点数が取れないので」と構成を少し変え、本番に臨むという。今季のプログラムについて「まだ(大会で)パーフェクトはない」と話し「時間はあるので、目いっぱい練習したい」と口元を引き締めた。織田は「シーズン通して2位が多かった。次は金メダルを取れると信じて頑張りたい」と意気込んだ。

 壮行会には学生、一般市民の約700人が集まった。2人は全日本大学選手権で43大会ぶりに優勝したサッカー部員がつくった騎馬に乗り、笑みが絶えなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年1月12日のニュース