琴欧洲“身長33センチ差対決”制す

[ 2011年1月12日 06:00 ]

大相撲初場所3日目

(1月11日
両国国技館)
 大関・琴欧洲は右おっつけで豊ノ島の左差しを封じ、身長差33センチの体格を利して寄り切った。土俵際で粘られて物言いがついたが、先に豊ノ島のかかとが出ていたため軍配通り。「勝ったと思って力を抜いたら残っていた」と反省した。

 相手は昨年の九州場所で優勝決定戦に進出したが「(番付の)上と下で優勝争い(の難しさ)は全然違う。立場が違う」と大関のプライドをのぞかせていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年1月12日のニュース