14年アジア大会 野球+ソフト1競技で存続へ

[ 2011年1月12日 06:00 ]

 2014年仁川アジア大会でソフトボールが実施競技から除外対象となったことを受け、野球とソフトボールの両アジア連盟が1競技として実施することを求める共同声明文をアジア・オリンピック評議会に提出し、存続方向で調整されていることが11日、分かった。

 野球が最低8カ国・地域、ソフトボールは最低6カ国・地域の参加で実施を要望。野球の終了後にマウンドを改修し、さらにソフトボールを実施する日程で検討している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年1月12日のニュース