大分、連勝で5位京都に1・5ゲーム差

[ 2011年1月12日 06:00 ]

 プロバスケットボール男子bjリーグは11日、別府ビーコンプラザで1試合が行われ、大分が秋田を85―62で振り切り、連勝で西地区5位の京都に1・5ゲーム差に迫った。

 第1Qこそ同点だったが、26得点を挙げたマット・ロティックの活躍などで秋田を突き放した。秋田はヘンリー、ビュートラック、バークスの外国籍選手トリオが2桁得点を挙げたものの、第4Qに一気に突き放され、連勝はならなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年1月12日のニュース