JOCの競技団体ランク スケートが特Aに昇格

[ 2011年1月12日 20:15 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)は12日の強化担当理事会で、2011年度の競技団体への強化費配分の指針となる5段階のランク分けを決め、五輪でのメダル獲得が最も有望な「特A」には従来の柔道、水泳、レスリングに加え、バンクーバー冬季五輪で好成績を残したスケートが「A」から昇格した。

 広州アジア大会で男女アベック優勝を果たしたサッカーが「B」から「A」になった。競技団体のランク分けは五輪や世界選手権の成績などを基に決める。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年1月12日のニュース