栃乃洋、粘り腰で初日から無傷の4連勝

[ 2011年1月12日 19:29 ]

大相撲初場所4日目


両国国技館)
 栃乃洋が見事な粘り腰を見せ、初日から無傷の4連勝とした。馬力自慢の豊響の押しを土俵際で弓なりになって残すと、最後は右からの突き落としで逆転した。

 2月に37歳になる元関脇の実力者は「せこい相撲だけど、たまたまタイミングよく決まった」と謙遜する。2006年春場所以来となる4連勝スタートにも「欲なんてない。8勝したいだけ」と浮かれた様子はない。

 負けが込めば十両転落もちらつく西前頭16枚目。それでも「何回も十両に落ちてるし、そんなことはいちいち気にしない」とベテランらしく自然体を強調した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年1月12日のニュース