×

湘南のFW若月大和 パリ五輪へ意欲「当然、狙っている。活躍次第で世界が変わる」

[ 2022年1月25日 19:49 ]

湘南・若月大和
Photo By スポニチ

 湘南のFW若月大和(20)が、パリ五輪へ意欲を見せた。オンラインで取材対応し、「当然、狙っている。U―17もそうだったが、活躍次第で世界が変わる。まずは湘南で結果を出せるように頑張りたい」と、湘南で結果を出してパリ五輪へつなげる考えだ。

 桐生一に在籍していた19年に湘南の特別指定選手としてルヴァン杯札幌戦に出場、20年に湘南と契約したが、そのままスイスのシオンに期限付き移籍。2年間プレーし、今季から湘南に復帰した。

 「最初はJリーガーになりたいと思ったが、U-17を経験し、世界のトップを見て自分も早く海外でサッカーがしたいと思い、湘南の人と話した」シオンでは2年間に5度も監督が代わったが、フィジカルを鍛えて次第に試合に絡めるようになり、手応えも得た。

 湘南のキャンプは「強度も高く、2部練習でとても厳しい。でもいろいろとチャレンジしている」と、充実した日々を送っている。新体制発表会見では2桁得点を口にしたが、「いろいろなことを無理なことでもいうことで現実に変えてきた。10点取れると思って言っていて、それが自信になっている」さらに意思の固さも特徴で、中学校の三者面談では「プロ選手になりたい」と言って押し通したという。

 得点力アップが課題の湘南には頼もしいストライカーの復帰。パリ五輪の夢をつかむためにも若槻の決定力が大きな力となりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月25日のニュース