×

女子アジア杯 開催国インドが12選手コロナ感染で敗退、出場可能9人だけで台湾戦中止

[ 2022年1月25日 05:30 ]

 女子アジア杯で23日に開催国インドの敗退が決まった。1次リーグA組第2戦で台湾と対戦予定だったが、負傷者2人に加えて新型コロナウイルス検査で12選手に陽性反応。出場可能な選手が9人にとどまり、大会規定で必要な13人をそろえられず中止になった。試合に出場できなかったチームは大会を棄権したと見なされる規定があり、インドにも適用された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月25日のニュース