×

三浦知良 次男・孝太が受けた誹謗中傷に“親心” 父のおかげと自覚している本人に「堂々としてろ」

[ 2022年1月25日 17:22 ]

三浦知良
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表で、J2横浜FCからJFL鈴鹿に期限付き移籍したFW三浦知良(54)が23日に放送されたフジテレビ「S―PARK」(土曜深夜0・35、日曜後11・45)にVTR出演。昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「RIZIN.33」でデビューし、1ラウンドTKO勝ちを収めた格闘家で次男の三浦孝太(19=BRAVE)について語る場面があった。

 番組で受けたインタビューの中で「父」というテーマを提示されると、2男の父であるカズは「僕のこと?」と確認した上で「なかなか誇りだったり、そういうものを持てない局面もあるとは思いますけど、親の背中ってのは見てるんじゃないかなと思いますね、子供ってのはね」とまずは答えた。

 そして、俳優デビューした長男に続いて格闘家としてデビューを飾った次男・孝太について聞かれると「ここ(リング)に立てるのは僕(カズ)の名前があるからだっていうことは、すごく自覚、本人(孝太)してましたし。それでも、そういういろんな誹謗中傷があったっていうことなんですけど、僕の場合だったらそれも…称賛もあるかもしれないですけど批判なんかもあったりするじゃないですか。周りのことは気にせずに毎日のトレーニングをコツコツと、謙虚に、感謝の気持ちを忘れずにやることが一番大事で(試合が)決まった以上は堂々としてろと言いましたけどね」と“親心”を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月25日のニュース