×

鹿島新主将・土居聖真 “小笠原流”でチームけん引「みんなで強いチームつくりたい」

[ 2022年1月25日 14:28 ]

鹿島MF土居聖真
Photo By スポニチ

 今季から主将に就任した鹿島のMF土居聖真(29)が宮崎キャンプ中の25日、オンライン取材に応じ、“小笠原流”でチームを引っぱることを誓った。クラブOBで元日本代表MF小笠原満男さんを理想の主将像に挙げ「(小笠原さんは)困った時、チームが道を外れそうになったとき、意見を聞いて正してくれる存在だった。自分も気を配りながらサポートし、みんなで強いチームをつくりたい」と語った。

 ここ数年、希望していた主将の座をついに射止めた。「(過去の)面談ではやってみたいと伝えていたが、なかなか実現しなかった」といい、チームから話を持ちかけられたときは「やります」と即答した。

 現役時代の小笠原さんの主将としての立ち居振る舞いを参考にしている。「満男さんは普段は練習でもリーダーシップを取ったりというタイプではなかった」と冗談めかして話すが「みんなの意見をしっかり聞いてくれた。上から物事を言うのではなく、解決策は一つじゃないよね、とみんなの気持ちになってくれた」と話す。

 国内タイトル奪還に向けて24日から宮崎キャンプがスタートした。主将としても選手としても成長を誓う土居は「もちろんぶつかり合うことも大事ですし、いろんな経験をしないとチームは成長しないと思っている。揉まれて突き進んで行ければと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月25日のニュース