×

カズ、新天地・鈴鹿での抱負「クラブとして昇格を目指す。自分としては一試合でも多く試合に」

[ 2022年1月17日 05:30 ]

第2次自主トレを始動したカズ(中央)
Photo By スポニチ

 JFL鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍した元日本代表FW三浦知良(54)が16日、大阪府内で第2次自主トレを始動した。約1時間半のトレーニングで汗を流すと移籍決定後、初めてメディアの取材に応じ、新天地への抱負を語った。カズの一問一答は以下の通り。

 ――第2次自主トレを始動しましたが、コンディションは?

 「昨年の12月22日までキャンプを張り、その後もベタ休みは5日間くらい。昨年12月31日からはトレーニングを始めて、ほとんど休んでいない。今日動いた感じでは、さらに上げていけるかなと思います」

 ――55歳で迎えるシーズンのテーマは?

 「JFL4位以内に入りJ3昇格という目標があるので、まずクラブとして昇格を目指す。自分としては一試合でも多く試合に出て勝利に貢献すること。監督からは力を出してほしい、起用できるだけの準備をしてほしいと言われている」

 ――鈴鹿への移籍を決め、今の心境を。

 「全てが異なる環境に行く。今はいい緊張感を持って過ごせてます。新たな挑戦を実感していますし、その中でJ3昇格という大きな目標があるのでそこに集中したい。未知の部分はありますが、今まで継続してきたものをさらに強くしてやっていくだけです」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月17日のニュース