×

日本代表W杯アジア最終予選 27日の中国戦、2月1日サウジアラビア戦に観戦条件設ける 開始時間も変更

[ 2022年1月17日 17:36 ]

森保監督
Photo By スポニチ

 日本協会は17日、27日のW杯アジア最終予選中国戦、2月1日の同サウジアラビア戦(ともに埼玉)について、昨今の新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大の状況を踏まえ、観客への来場条件を設けることを発表した。

 来場は、2回目のワクチン接種から2週間経過している人、もしくは試合日からさかのぼって72時間以内にPCR検査を受検あるいは24時間以内に抗原定性検査を受検して陰性が確認できた人のみとなる。

 また、サウジアラビア戦のキックオフ時間を午後7時35分から午後7時10分に変更。これに伴い、前売りチケット購入者で観戦できなくなった人に対し、チケットの払い戻しを行う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月17日のニュース