×

清水 土壇場3連勝で生き残り、西沢が同点弾アシスト&“思い乗った”決勝弾

[ 2021年12月5日 05:30 ]

明治安田生命J1最終節   清水2―1C大阪 ( 2021年12月4日    アイスタ )

<清水・C大阪>後半、清水・西沢がゴールを決め平岡監督(右)に抱きつく(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 清水は土壇場で3連勝し、自力で残留確定。平岡監督は「エスパルスはJ1にいないといけないクラブ。一体感を持ってやれた」と安堵(あんど)した。

 逆転勝利の立役者はMF西沢だ。0―1の前半終了間際、左FKを蹴って鈴木義の同点弾をアシスト。後半6分には「自分の実力だけではないパワーがこもって、全員の思いが乗っていた」という左足シュートをゴール左上に突き刺した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月5日のニュース