J3岩手「キヅール」がトレンド入り J2初昇格をネット歓迎「会えるの楽しみ」「生で見てみたい」

[ 2021年12月5日 17:34 ]

J3岩手の公式マスコット「キヅール」(いわてグルージャ盛岡提供)
Photo By 提供写真

 明治安田生命J3最終節は5日、各地で7試合が行われ、熊本と岩手がJ2昇格を決めた。熊本は4季ぶりのJ2復帰、岩手は初昇格となった。この結果を受けツイッターでは岩手のマスコットである「キヅール」がトレンド入り。「キヅールにいよいよ会えるのか」「J2にようこそキヅール」など人気マスコットが一躍話題となった。

 「キヅール」は2017年に誕生。折り鶴をモチーフとしており、勝利を祈願する対象として折り鶴の「折」を「祈」に変え、キヅール(祈鶴)とした。そのため、折り鶴ながら「折れない心」の持ち主になったという。

 2020年には「ゆるキャラグランプリ2020 THE FINAL」に初出場を果たすなどサポーターから人気の存在となったが今年8月、デビュー時からの“蓄積疲労”による入院の活動を一時休止。その後、無事に“体調”が回復し同年9月19日の宮崎戦から活動を再開していた。

 この人気マスコットがJ2初昇格することになり、ネット上では「キヅールさんは生で見てみたい(笑)」「キヅールがJ2に来るーーーーーー!!」「J2でキヅール様が見られる日がくるとは…」「キヅールに会えるの楽しみ」など岩手サポーター以外からも喜びの声が続々。

 なかには「足が生々しいマスコットはちょっと苦手、でもキヅールくんはOK」「キヅール人気すぎて草」「J2で鶴亀ダービーが実現へ」「キヅールは唯一ツーショット写真を撮りたいマスコット」という歓迎の声もあった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年12月5日のニュース