×

リバプール南野拓実 プレミアリーグ初ゴール 加入2季目、出場18試合目で チームは7発大勝

[ 2020年12月19日 23:26 ]

イングランド・プレミアリーグ   リバプール7―0クリスタルパレス ( 2020年12月19日    ロンドン )

プレミア初ゴールを決めたリバプールの南野(AP)
Photo By AP

 リバプールの日本代表FW南野拓実(25)がプレミアリーグ初ゴールをマークした。

 19日、アウェーのクリスタルパレス戦で、リーグ4試合ぶり今季2度目の先発出場。3トップ左に入り、前半3分に先制ゴールを決めた。

 ペナルティーエリア内中央でFWマネのパスを受けると、冷静にキックフェイントで相手1人をかわし、右足を振り抜いて低く鋭いシュートをゴール左隅へ突き刺した。

 1月にザルツブルク(オーストリア)から加入し2シーズン目、プレミアリーグ通算18試合目で待望の初ゴール。右手でガッツポーズし、雄叫びをあげて喜びを爆発させた。

 日本人選手のプレミアリーグでの得点は、MF稲本潤一(フラムなど)、MF中田英寿(ボルトン)、MF香川真司(マンチェスターU)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、FW岡崎慎司(レスター)、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)に続いて7人目となった。

 自身2点目のチャンスはあった。前半29分に相手バックパスから左足でシュートを放ったが、相手選手がブロック。後半14分にはMFケイタのスルーパスを受けて相手1人をかわして決定機を迎えたが、右足のシュートはわずかに右へ外れた。

 後半30分からは3トップ中央でもプレーし、フル出場。南野の先制弾を皮切りに、チームは大量7ゴールを奪って7―0と大勝し、首位をキープした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2020年12月19日のニュース