×

【19日のJ1見どころ】最終節、熱すぎる3位争い ACL出場権をかけ名古屋、鹿島、C大阪に注目

[ 2020年12月19日 11:00 ]

来季のACL出場権獲得へ3位を目指す鹿島イレブン
Photo By スポニチ

 サッカーJ1リーグはきょう19日午後2時から、最終節の9試合が各地で開催される。カタールでのACLに出場していた神戸と横浜が戦線復帰。コロナ禍で4カ月以上の中断を経て日程と様式が大幅に変更された特別なシーズンが、いよいよフィナーレを迎える。

 来季のACL出場権をかけて、勝ち点2差に3チームがひしめく3位争いが決着する。名古屋はここまでGKランゲラック、DF丸山、DF中谷の3人が過密日程の中で全試合にフル出場。ホームで広島相手にシーズン最多タイ記録の17度目無失点を達成し、3位死守を目指す。

 鹿島―C大阪は、勝者が4位以上を確保する直接対決となった。鹿島は東京五輪世代のFW上田が、ここ2試合連続2得点と勢いが止まらない。C大阪はこの試合を最後に退任するロティーナ監督が、大舞台への切符を置きみやげとできるか。

 前節ようやく今季初の連勝を飾った仙台は、いまだ勝利のないホームで湘南と戦う。最終戦の前日に木山監督の退任が発表されただけに、イレブンの最後の発奮が期待される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2020年12月19日のニュース