×

イニエスタら不在の神戸が6連敗で14位 酒井「ふがいないの一言」

[ 2020年12月19日 17:01 ]

明治安田生命J1最終節   神戸0ー1FC東京 ( 2020年12月19日    味スタ )

神戸・酒井(右)
Photo By スポニチ

 ACL明けでリーグ最終節を迎えた神戸はアウェーでFC東京に0―1で敗れ、6連敗を喫して14位でシーズンを終えることになった。

 右太腿の手術で長期離脱となった元スペイン代表MFイニエスタを含め、外国籍選手5人が全員不在。日本人選手のみでメンバーが構成された中、後半40分にセットプレーから相手DFジョアン・オマリに均衡を破られ、これが決勝点となった。

 ACLで4強に食い込みながら、リーグ戦では14位と低迷。「ふがいないの一言」と元日本代表DF酒井が言えば、元日本代表MF山口は「来年は4チームが降格する。今年のような戦いをしてしまうと間違いなく落ちてしまう」と危機感を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2020年12月19日のニュース