J2徳島-長崎戦 開催可否は試合当日の8日に判断 徳島MF藤原のコロナ感染で

[ 2020年8月8日 05:30 ]

 J2第10節の徳島―長崎(鳴門大塚)は、試合当日の8日に開催可否が判断されることになった。

 6日に徳島のMF藤原志龍(19)の新型コロナウイルス感染が判明。同日、選手や関係者50人を対象にPCR検査を行った。検査結果を受け、8日の午前10時に開催可否の発表を予定しているが、新たに陽性者が出た場合は濃厚接触者の特定作業が必要となるため、クラブ側は発表が遅れる可能性も示唆した。

 なお、長崎は開催に備えて徳島へ移動している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月8日のニュース