G大阪・小野瀬 “恩返し弾”誓う 横浜FCユース出身「僕にとって特別なチーム」

[ 2020年8月8日 05:30 ]

横浜C戦へ向けて最終調整するG大阪MF小野瀬(C)GAMBA OSAKA
Photo By 提供写真

 G大阪MF小野瀬康介(27)が“恩返し弾”を狙う。8日にホームで横浜FCと対戦。横浜FCユース出身の背番号8は「僕にとって特別なチーム。個人的な感情で言えば、戦いたくない。でも、今はG大阪が勝つためにプレーしたい。何よりも結果が欲しい」と心を鬼にする覚悟だ。

 あらためてモチベーションを高める出来事もあった。横浜FCにはカズことFW三浦知良が所属。53歳のカズは5日のルヴァン杯・鳥栖戦で先発出場し、同杯最年長出場記録を樹立した。「レジェンドが活躍しているのは刺激になる」。12年にトップ昇格した小野瀬は26歳年上のカズと5年間プレー。思い出深いのは16年3月6日のJ2松本戦だ。自ら得たPKのキッカー役に志願して外してしまったが「蹴る姿勢は褒めたい。でもプロとして責任はあるんだぞ」と“金言”を授かった。かわいがられただけに感慨ひとしおだ。

 J2山口所属時に対戦した過去3度の横浜FC戦は無得点。今回こそゴールを奪い、成長の跡を示す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月8日のニュース