浦和・大槻監督、現状受け入れて戦う 愛知県に緊急事態宣言

[ 2020年8月8日 05:30 ]

オンライン取材に応じる浦和大槻監督
Photo By スポニチ

 浦和の大槻監督は、愛知県が独自に発令した緊急事態宣言下で開催される8日の名古屋戦に向け「Jリーグが進もうとする道に乗り、安全、健康には全員が留意し、この状況も受け入れ、臨みたい」と語った。

 5日のルヴァン杯C大阪戦から中2日、移動による疲労、感染リスクの観点から関西に残り調整を続けた。目指すは攻守に主体的なサッカー。「我々のやってきたことで相手を上回りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月8日のニュース