FC東京・室屋、鹿島低迷中も油断なし「個人としては高いモノを持っている」

[ 2020年7月25日 05:30 ]

FC東京のDF室屋(提供:FC東京)
Photo By 提供写真

 FC東京の日本代表DF室屋が、26日に敵地で対戦する鹿島を警戒した。16年に自身が加入して以降、出場した試合は5勝1分け1敗と勝ち越しており、さらに相手は現在リーグ1勝5敗の17位と低迷中。

 それでも「新監督になってから苦しんでいるのは確か。ただ、マリノス戦での大勝を見ると個人としては高いモノを持っている」と強調し、堅守から素早く攻撃につなげられるかが勝利のポイントだと指摘した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月25日のニュース