名古屋DF宮原が新型コロナ感染 22日対戦の大分に濃厚接触者なし

[ 2020年7月25日 17:23 ]

オンラインで報道陣の質問に応じる名古屋の清水克洋専務取締役
Photo By スポニチ

 名古屋は25日、DF宮原和也(24)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した後、急きょオンラインで会見を実施した。出席した清水克洋専務取締役は、保健所により「濃厚接触者はいない」という判断があった経緯を明かした。

 宮原の感染を受けて、過去2週間における本人の行動履歴を名古屋市内の保健所に提出。その結果、クラブ内だけでなく、22日に対戦した大分にも濃厚接触者に該当する人はいなかたっという。

 「保健所によって判断が統一ではないと認識している。接触の状況も個別に説明しているが、今回は濃厚接触に該当しないと判定していただいた。最終的には、保健所の方のご判断になります」

 以前にFW金崎夢生に陽性反応が出た際、豊田市内の保健所によって19人が濃厚接触者特定され、後にPCR検査が実施された。今回、名古屋市内の保健所の判断では、濃厚接触者は0人だったという。
 クラブとしてはこの日、クラブハウス内などの消毒作業を独自で実施。あす26日には業者を入れて消毒作業を行うという。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月25日のニュース